浪曲師および曲師紹介

二代目 京山 幸枝若

 

兵庫県姫路出身。昭和48年、父である初代京山幸枝若に弟子入りし福太郎を命名、父譲りの声節で若くして人気者に。平成16年「二代目京山幸枝若」を襲名。代表作は「会津の小鉄シリーズ」「左甚五郎シリーズ」など。オリジナルの演歌も発売多数。堅苦しいイメージの浪曲を、「わかりやすく」「面白く」をモットーに日々講壇に立つ。社団法人浪曲親友協会会長として若手の育成にも精力的に取り組み、現代的な浪曲のあり方を真摯に探求しつつ、浪曲の復興に力を注ぐ。

 

さらに詳しく

京山 幸枝若ブログはこちら

松浦 四郎若

 

愛媛県西宇和郡出身。サラリーマンから浪曲師を志し、昭和45年松浦四郎に師事。「勧進帳」「太閤記」など多数の古典の演目を得意とする一方で新作にも精力的に取組む。一心寺での活躍が実り、平成21年度文化庁芸術祭大衆芸能部門優秀賞を受賞。まさに浪曲界を牽引する演者。謹厳実直な師匠に倣い、決して出すぎず目立ちたがらず、周囲への気配りをもって一歩一歩芸道精進を重ねるその姿は「いぶし銀」の光を放ち、浪曲人の手本的存在として、広く信頼を集めている。

 ウィキペディア

浪曲教室

三原 佐知子

 

三重県熊野市出身。昭和29年、近江勝に入門し近江五十鈴を名乗る。昭和53年、三原佐知子に改名。「母恋あいや節」の大ヒットにより芸風を確立、女流浪曲の第一人者として舞台はもとより、テレビ、ラジオで広く活躍している。演目演出において、新しい試みを怠らず、ポピュラーのアレンジを効かした新作や、ヒロシマの悲劇を題材に平和への祈りを込めた「はばたけ千羽鶴」などレパートリーは幅広い。声節の良さと共に表現される人物描写は、聴く者を物語の世界に引き込む力を持つ。平成15年、大阪文化祭賞受賞。
平成28年1月 大阪市立小学校にて浪曲公演
平成29年1月 守口小学校にて浪曲公演

 youtube動画

京山小圓嬢

(2代目)(きょうやま こえんじょう)は浪曲の名跡。
叔父が3代目京山小円だった縁で1946年に入門し京山小福を名乗る。後に菊地容子を経て1971年に引退し隠居中だった初代に譲り受け2代目小円嬢を襲名。ローオンレコードより『唐人お吉』を吹き込んでいる。
弟子には菊地まどか。

 

さらに詳しく

 

 

四代目 天光軒 満月      

 

徳島県出身。浪曲親友協会理事。昭和51 年に三代目に入門し二代目天光軒菊月を名乗り「乃木将軍信州墓参」で初舞台。平成元年に四代目満月を襲名。平成19 年に直江兼続の歌「直江兼続」をキングレコードよりリリース。海外での公演も数多くこなす国際派。

 

さらに詳しく

 「天光軒満月さん(公益社団法人浪曲親友協会・理事)平成24年5月8日 松井一郎大阪府知事より 文化・芸術分野「浪曲文化の普及に貢献したことが評価され表彰されました。」

五代目 天中軒 雲月

 

岐阜県出身。四代目雲月に入門し、天中軒月子を名乗り「若き日の小村寿太郎」で初舞台をふむ。独立後は大阪で活動。その後、拠点を名古屋に移し、大阪、東京と三都市を中心に活動中。師ゆずりの「佐倉義民伝」などを得意とする。平成21年、五代目を襲名。

レコード:笹みどりとのデュエット「涙の歌謡劇場」(クラウンレコード)、

     「雪の南部坂」(ウイングジャパン)

     「瑤泉院涙の南と部坂」(キングレコード)

平成24年10月「人生ひとすじ」「佐倉宗吾郎妻子別れ」」

     (キングレコード)リリース

 

平成23年5月大阪府より「知事表彰」拝受 

 

facebookはこちら

 

二代目 京山 幸枝司 (きょうやま こしじ)

 

大阪府藤井寺市出身 公益社団法人浪曲親友協会理事

デビュー当初は河内音頭三音家浅丸の弟子となり、三音家浅明と名乗り活躍。昭和61年に京山幸枝栄の弟子となって京山宗若と改名した。河内音頭で慣らした明るさいっぱいの舞台が魅力。櫓の上で鍛えた喉、フシの良さは絶品。その他、楽器もこなす。

平成22年 大阪府知事表彰、文化功労賞受賞 

平成23年1月4日阿倍野区民センターに於いて、浪曲親友協会主催『初夢で「見たよ、聞いたよ」浪曲節』の舞台で二代目京山幸枝司を襲名した。


河内音頭動画

二代目 真山 一郎 

 

大阪府出身。河内音頭の家元故・初音家太三広の子供として生れる。昭和48 年に父の元に入門し初音家広若の名で櫓などで活躍。昭和60 年に浪曲の初代真山一郎に入門。真山広若を名乗る。平成22 年、師・初代真山一郎引退に伴い、2 代目真山一郎を襲名。

 

真山一郎ブログはこちら

 

菊地  まどか

 

大阪市出身。8 才から浪曲・民謡を歌い始める。平成15 年、京山小圓嬢に弟子入りし、平成17 年に浪曲師「菊地まどか」としてデビュー。「第60 回文化庁芸術祭新人賞」受賞。平成22 年2 月17 日歌手デビューし、 「第52 回 日本レコード大賞 新人賞」受賞。浪曲と演歌両面で活躍中。

 

菊地 まどかホームページはこちら

菊地 まどかブログはこちら

 

春野 恵子

 

東京都出身。東京大学教育学部卒業後、日本テレビ系バラエティ番組「進ぬ!電波少年」の「ケイコ先生」として人気を博したのち、関西浪曲界の大御所二代目春野百合子に弟子入り。

2006年の初舞台の後、独自の発想で、浪曲復興のために勢力的に活動。2007年に女性の浪曲師と曲師だけで「新星浪曲☆新宣組」を結成、カフェやギャラリーなどでの講演を試みたり、2010年には関東でも新ユニットを結成するなど常に話題となる。

過去に一世を風靡(ふうび)した浪曲の現状を憂い、「聴いてもらうためには浪曲だけやって安穏としてはいられない。」と、落語などジャンルを超えた演芸・伝統芸能とのコラボ企画を通じて、若者への浪曲の普及に努めている。

 さらに詳しく

 

春野恵子ブログはこちら

春野恵子twitterはこちら

京山倖若(きょうやま ゆきわか)

大阪府知事表彰 文化功労表彰
昭和四十七年先代京山幸枝若に入門、師匠譲りの侠客物に加え、ケレンものに取り組み、独自の道を目指している。


河内音頭動画

春野冨美代  (はるのふみよ)
出身地:大阪府堺市
昭和59年 河内音頭二代目三音家浅丸の門下生
昭和61年 河内音頭常磐会事務局、音頭の太鼓奏者
平成6年 春野百合子に師事する。
平成8年 大阪一心寺シアターにて初舞台
平成9年 大阪国立文楽劇場出演
平成10年 ABCラジオ「おはよう浪曲」初出演
おもな読み物 梅川忠兵衛、田宮坊太郎、両国夫婦花火、
  斎藤内蔵之助、梶川太刀の粗忽、樽屋おせん、他

真山誠太郎

1993年に演歌浪曲生みの親である真山一郎師に弟子入り。
94年に真山誠太郎と命名され、以後、演歌浪曲一筋に歩む。
国立文楽劇場、上方演芸特選会などの舞台のほか、NHKの
上方演芸ホールや浪曲十八番などに出演。主な演題に
「刃傷松の廊下」「日本の母」「ああヒロシマ」など。


詳しくはこちら

 

真山 隼人
(まやま はやと 、1995年3月10日 生)


三重県鈴鹿市出身の浪曲師。本名は内田隼人。

経歴:幼少から浪曲が好きで、2010年に2代目真山一郎に入門する。
三重県立白子高校3年の現役高校生浪曲師。全国最年少浪曲師。

2012年8月19日 岡田文化財団パラミタミュージアム主催公演にて、浪曲公演。
2012年11月25日 鈴鹿市文化会館けやきホールにて、真山隼人鈴鹿公演を開催。

 

詳しくはこちら NEW!

真山隼人ブログはこちら

 ツイッター
 facebook

プロフィール
生年月日:平成7年3月10日

出身地 :三重県鈴鹿市
趣  味:観劇、相撲観戦

~プロフィール~

平成22年 5月 二代目真山一郎(当時・真山広若)師に入門
平成23年 4月 公益社団法人浪曲親友協会に入会
    10月 一心寺門前浪曲寄席にてデビュー
平成24年 5月 国立文楽劇場「浪曲錬声会」初出演
    11月 地元鈴鹿市にてリサイタルを開催 盛況に終わる
    12月 国立文楽劇場「浪曲名人会」初出演
平成25年 4月 三重県文化賞新人賞受賞
平成26年 8月 鈴鹿シティーセールス特命大使に任命される
    11月 NHK東西浪曲大会に初出演 10代で初
平成27年10月 真山誠太郎門下へ移籍

 

天光軒新月(てんこうけんしんげつ)


本名: 池田博之
生年月日: S28年11 月29 日
大阪府高槻市 出身
12歳 桜川小春に師事 江州音頭
昭和46年4月 三代目天光軒満月の弟子となる
昭和46年7月 奈良県五条市民会館で初舞台「佐渡情話」
昭和46年 7月 天光軒小満月として道頓堀朝日座に出演
昭和51年 8月 天光軒新月と改名 襲名披露
平成 3年 4月 浪曲「越前竹人形」キングレコード
平成 9年 6月 江州音頭「葛の葉白狐伝」コロンビアレコード
浪曲:「父帰る」「召集令」「二等兵物語」「美しき罪」「荒城の月」「足軽物語」
    「嵐の孤児」
(趣味)ピアノ、音楽鑑賞

春野美恵子

 

出身地 大阪市
平成3年から趣味で民謡を習い始め様々な賞を授賞するようになる。
そんな中、民謡の勉強にと動められたことで浪曲と出会う。

そして当時、偶然耳にしたのが2代目 春野百合子の公演だった。
その魅力にすっかり魅せられ入門を決意。
平成8年 1月、2代目春野百合子のもとに入門。 翌年の平成9年にはー心寺シアターにて「お夏清十郎」を被露。初舞台に立つ。

平成11年 全関西郷土民謡大会において「江差追分」を被露し総合優勝を果たす。
最優秀歌唱賞、産経新聞社賞、大阪府知事賞、 他多数授賞。

平成19年2月 岸和田浪切ホールにて、 10周年記念リサイタルを開催。
歌謡浪曲「お蔦と主税」 を発表。
平成27年4月 東大阪市民謡連合大会にて「秋田長持唄」
         最優秀歌唱賞・総合優勝受賞  

主な演題            出演先
新釈南部坂           テレビ朝日おはよう浪曲
梶川大力の粗忽       NHK TV 上方演芸ホール
西国夫婦花火         NHKラジオ浪曲十八番
他10作品                  国立文楽劇場

河内音頭・近江音頭   東京国立演芸場
その他演歌など         ー心寺シアター

春野ココ
(はるのここ)出身地 M78星雲
主な作品:おとぎ浪曲「カチカチ山」「舌切雀」

                (パントタイムもやります)
              原作:太宰治 脚本:大西信行
       「かぐや姫」大西信行オリジナル
座右の銘:必死のパッチ!!

 

泉 敏榮
(いずみとしえ)
大阪府泉南市出身 誕生日:4月10日
血液型:B型 趣味:ダンス・歌・詩吟
昭和57年 関西カラオケ決勝大会優勝 シンガポール
昭和59年 関西カラオケ決勝大会優勝 タイ
平成11年 民謡入門
平成12年 第15回コロンビア全国民謡決勝大会
平成13年 第16回日比谷公会堂出演
平成18年 泉和子に入門
平成19年 浪曲初舞台
以後、NHKラジオ、ワッハ上方、国立文楽劇場、一心寺門前浪曲寄席、石切神社、大和郡山、岸和田波切ホール、ゆうゆう帝、高知、泉南文化ホール…出演  
 

一風亭初月
 
女性 浪曲曲師
血液型 A型
出身地 和歌山市
出没地 全国各地津々浦々
関西節なので、普段は水調子で弾いてます
公益社団法人浪曲親友協会理事

 

ブログ http://ameblo.jp/hazukichan-desu/

facebook

 

現在大阪市在住。英知大学文学部英文学科卒OLを経て、

199810月浪曲曲師藤信初子師に入門。

20009月ワッハ上方で幸いってんの「雷電と八角」でデビュー。

200011月ABCテレビ「おはよう浪曲」

2001年2月ABCラジオ「おはよう浪曲」

2001年20022003年桂文我のABCインターネットラジオ

200111月テレビ大阪ドキュメント「OLから曲師へ」

2001年12月ラジオ関西「雀々ランド」

20021月ABCラジオ「東西南北龍介がゆく」

20023月MBS毎日放送ラジオ「ありがとう浜村淳です」

200311月NHKテレビ録画取り(20042月頃放映予定)

他 一心寺シアター倶楽の浪曲寄席多数出演 地方公演多数出演

2004年1月20日 ラジオ大阪「こごろうじゃーなる」ゲスト出演

 

 

虹友美

(なないろ三味線)


三味線奏者 虹 友美(にじともみ)・三味線なないろ会会主 日本民謡虹葉会専属伴奏
津軽三味線 民謡 俗曲 長唄 歌謡曲 河内音頭 江州音頭 クラシック ロック 浪曲等いろいろな音楽を細棹 中棹 太棹使い分けて演奏します♪河内音頭の伴奏はフリー♪山中一平と河内オンドリャーズメンバー♪グループ、個人レッスン・イベント募集中

 twitter
 facebook

 

沢村さくら
2000年3月に、曲師・沢村豊子に弟子入り。同年11月に初舞台。
その後大阪に住まいを移し、2006年12月の一心寺公演が大阪で

の初舞台となる。
浪曲の三味線には「出弾き」と「影弾き」がある。さくらさんは

「影弾き」衝立の陰に隠れて演奏することを影弾き、客前に出て演奏することを出弾きと言う。

若手5人の浪曲・曲師の1人「新宣組」(菊地まどか、幸いってん、 春野恵子、曲師の沢村さくら、一風亭初月)

 

藤信 初子
(ふじのぶ はつこ、1918年 98歳)
日本の浪曲の曲師。兵庫県尼崎市出身。日本高齢の曲師。
兵庫県尼崎市の生まれ、父が浪曲師の吉田音丸だった関係で
子供の頃から浪曲で舞台に立つ。1935年に正式に曲師の一風亭今子の門下になり一風亭今若を名乗り同年天満国光で初舞台。
1944年に浪曲師の京山幸天と結婚し芸名・本名を藤信初子と改名。戦後は中山礼子の曲師をしたのち、初代京山幸枝若や夫・幸天の曲師として活躍。幸枝若の曲師を努める際は小池菊江との二丁三味をやった。その後30年にわたり幸枝若の曲師として活躍。
幸枝若没後は松浦四郎若や天龍三郎の曲師を努めた。
2010年6月にABCラジオの米朝よもやま噺に出演し浪曲に対する思いや初代京山幸枝、初代京山幸枝若の思い出等を語った。
弟子には一風亭初月がいる。

 

岡本 貞子
(おかもと さだこ 1933年2月10日  83歳 )
日本の浪曲の曲師。大阪府八尾市出身で、本名は境貞子。
1947年に、伯母にあたる浪曲師の岡本梅嬢門下で岡本貞子と名乗る。
1948年に徳島県貞光長にて「甘酒茶屋」で初舞台に上がり、1951年に曲師に転向。1961年頃に木下佳津枝(現在の浪曲師の京山幸枝栄)、田中絹代と共に音頭ショウ「ソフトショウ」結成し三味線を担当、1978年6月トリオを解消し浪曲の世界に復帰。
現在は2代目京山幸枝若、2代目京山小圓嬢等の曲師を勤める。

 

天中軒涼月
(てんちゅうけん りょうげつ)

生年月日 3月14日
出身地 静岡県湖西市
血液型 0型
趣味 卓球 
2012/12/21
~24 大阪国立文楽劇場上方演芸会 
2013/1/4 大阪阿倍野区民ホール浪曲・民謡 
昭和60年:
日本民謡協会愛知岐阜県連合大会優勝
平成9年:
日本民謡協会全国大会優勝・通商産業大臣賞・読売新聞社賞受賞
平成13年:
エンカフォンより「人生宝節」「おとこ坂」発売
平成23年6月:
五代目天中軒雲月師匠に弟子入り、
浪曲師として「天中軒涼月(てんちゅうけんりょうげつ)」の名をもらう。
平成23年9月:
「人生宝節」が地元湖西市のはつらつ体操の曲に選ばれ、湖西市の曲に。

 

靖国神社から「感謝状」を「天中軒涼月」が頂きました。浪曲「若き日の小村寿太郎」奉納に対して

浪花亭友歌(なにわてい ともか)

本名:戸田智江
生年月日:2月21日
星座:うお座
血液型:B型
出身地:福井県福井市
趣味:ドライブ・ショッピング
出会い:3歳の時に初めて川中美幸さんの「ふたり酒」で、のど自慢大会に出場。審査員特別賞を頂いたのをきっかけに、地元のイベントやメディアに出演。NHK-BS「お~い日本!今日はとことん福井県」出演をきっかけに上京。浪曲師として二代目東家浦太郎に弟子入りし、浪花亭友歌を襲名。子供からお年寄りまで親しまれる現代の女浪曲師として活躍中。  

五月 一秀(さつき いっしゅう)

 

昭和48年8月 五月一朗師に入門、秀若と名乗る。
昭和48年9月 木馬亭での初舞台の演目は「父帰る」
昭和50年7月 休業
平成23年12月 浪曲道場「ひとふし会」に入会。習練する。
平成24年5月 公益社団法人浪曲親友協会入会
平成24年9月 復帰後初舞台
          「泉南浪曲名人会」於:泉南市浪曲名人会
           演目は「秀吉の報恩」
平成25年7月 一心寺門前浪曲寄席 公演 

京山幸太郎(きょうやま こうたろう)

 

昭和21年7月生
幼少の頃よ母親の影響で浪曲公演の劇場に通い、
19歳の頃 松浦浪曲道場(松浦四郎師主宰)を見学、
現在の松浦四郎若に出会う。(京山倖若も同じ頃)
昭和44年 京山幸枝若に師事、京山幸太郎の名を頂く。
老人会、慰問、地方まわりなどで研鑽を重ねるも、家業継承のため活動休止。
昭和61年頃より、河内音頭で各櫓、舞台など出演。
 

京山幸太(きょうやま こうた)

 本名 山本壮秀

1994年(平成6年)5月9日生

出身地:兵庫県加古川市

趣  味:茶道・楽器演奏

平成25年3月 二代目京山幸枝若の浪曲教室に参加

同年   9月 二代目京山幸枝若に入門

平成26年5月 国立文楽劇場「浪曲錬成会」にてデビュー

平成27年1月 デビュー披露 口上・公演 阿倍野区民センター 

twitter

facebook